スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

GANTZ PARFECT ANSWER見てきた

昨日、「GANTZ PERFECT ANSWER」を見てきました(^^)
→オフィシャルはここ http://gantz-movie.com/perfect-answer/


前回の感想にも書きましたが

私はGANTZの原作を読んでいません!!

映画を見終わったら、
一気に原作を読もうと楽しみにしています。

そんな私でも
どうゆう感想を書こうかずっと迷ってました。
(一晩考えた!)


以下、ネタバレたくさんなので、
今から見る方は、読まないでくださいね!!

伏せます~

















見終わった直後は、

「すごい面白かった!でも全然 PERFECT ANSWER じゃないじゃん!」

でした。

映画オリジナルのラストが用意されているということで
前篇で分からなかった「謎」が
すべて解き明かされると思ってたんです。

PERFECT ANSWER=完璧な答え ですもん。

でも、結局 分からないことだらけで。。。

・そもそもGANTZって何だったの?誰だったの?
・なんで死んだ人を生き返らせることが出来たわけ?
・星人ってなんなの?
・親玉は千手観音だったの?
・ってことは、もう星人は気にしないでいいの?
・GANTZは最初から後任に玄野をと企んで 多恵ちゃんを狙わせたの?
・星人がGANTZにかけた液体はなんだったの?
・山田くんはなんでGANTZに気付いたの?

そうゆう謎を放置したままで
無理やりラストに持っていた感が否めなくて
見終わった直後は「うーーーーーん」って感じだったんです。

でも、その後考えたことは

この映画の副題
「PERFECT ANSWER」っていうのは

謎解きでは決して無く

「玄野にとっての完璧な答え」

を表現していたのかな?と。

謎は残したままだけど、
この映画に関しては、そこに意味は無かったのかな、と。

いや、あくまで私個人の解釈ですよ。
それは違うよ、って言われても困りますからね(笑)


前篇よりも、今回のほうが、
出演者の「感情」が色濃く描かれていていたんですね

・玄野と多恵との淡い恋
・玄野と加藤の友情
・加藤と弟の兄弟愛
・GANTZチームの仲間愛

さらに、前篇では「敵=悪いやつ」だとばかり思っていた星人が
「最初に手を出したのはお前たちだ」と反撃してきました。

GANTZチームからすれば悪者は星人ですが
星人にとってはGANTZチームが悪者

戦争に正義も悪も無い。。

戦い続けることの愚かさ。。

最終的にはそんなテーマだった気もします。

ラストは玄野がGANTZになり
全員生き返らせ、
自分のことはみんなの記憶から消すことに。

この部屋には二度と人を呼ばないと宣言したんだから

あのまま一人、
寿命がつきるまで
黒い玉の中にい続けるってことなんでしょう。

復讐は復讐を呼ぶ、、
だからどこかで断ち切らなくてはいけない。

愛する人を守るために玄野が選んだ
「PERFECT ANSWER」はこれ。

なんとも切ないラストでした。。

もう一度見たいので
次回は水曜日のレディースDAYでも狙って行こうと思っています。


で、話とは別の部分。

映画そのものは、単純に
すっごく面白かったです!!

約2時間半の映画ですが
一度も だれませんでした!

だいたい面白くない映画って、
途中で飽きてお尻が痛くなってくるんですけど、
GANTZに関しては1も2もこれから一体どうなるんだ?と
わくわくドキドキしっぱなし。

アクションシーンやCGもすごかったです。
>「Matrix」っぽかったかな。

特に地下鉄の戦闘シーンは
日本映画もここまで来たかと感心もしました。

出演してる役者さんも本当に上手くて

GANTZスーツに身を包んだ彼らはかっこよく
黒いスーツに身を包んだ星人たちもかっこよく

彼らの殺陣シーン、
ワイヤーアクションには惚れ惚れしました。

そして、私は

完全にニノに溺れました(笑)

ニノの演技、やっぱり大好きなんです。

1では何がなんだか分からないまま戦っていた玄野くんが
2でははっきりした意思を持って戦う戦士の顔になっていました。

普段の生活で見せる優しい表情と、
戦いの場で見せる戦士の表情を
見事に演じきり、
腰を痛めていたというのに素晴らしいアクションを披露。

ぶっちゃけ、嵐の中では一番アクション苦手なイメージありましたが
いやいやどうして!素晴らしかったです(きゅんきゅんきゅん♪)

そして多恵ちゃんを失って慟哭するシーン、
もらい泣きでした。

最後に多恵ちゃんが涙を流してくれたことで、
玄野くんはちょっとだけ救われたかもしれませんね。


さて、原作を読むとしますかね。
ブックオフ行って来よう~っと♪




<おまけ1>

昨日映画館で、女子高生2人が隣だったんです。
ニノのファンみたいでね(^m^)
多恵ちゃんとの純愛シーンや
ニノの身体を張ったアクションシーンで
隣の女子高生たちが「ひゃー」とか「ひー」とか言ってるんですよ。
ニノが初めて「多恵ちゃん」っていうシーンなんて
隣の女子高生、興奮ですよ(笑)
最後は泣いてたし、なんかツボが同じでおかしかったです。



<おまけ2>

海外でも上映されているGANTZ。
残念なのは、吹き替えされちゃってること。
英語版、タイ語版をTVで見ましたが
ニノの声が、男っぽすぎて本当に残念!
声がいいのに!
あの声変わりし切ってないような
甲高くてどこか優しげな声がいいのに!!
多恵ちゃんって初めて呼ぶ声が最高にいいのに!!
>溺れてる(笑)
海外在住の日本人の皆さん、ぜひとも日本語版を手に入れてみてください!
ニュアンスが違うと思いますので(^^)
関連記事

テーマ : 二宮和也
ジャンル : アイドル・芸能

プロフィール

みかろう

Author:みかろう
B'z大好き!(今でも大好き!)
ジャニーズ?何?それ?と思っていた私が、2008年の「truth」で嵐に興味が出てしまい、2009年4月に嵐FC加入。2015年8月末より旦那の転勤でアメリカ・シカゴ郊外に引っ越したため、嵐ファン卒業。気楽なジャニファンも良いものだと、最近は好き勝手ほざいてます。

シカゴ 現在の時間
みかろう別サイト(遊びに来てね)
最新コンレポ
最近の記事
プチ月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アイドル・芸能
805位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
アイドル
392位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
ジャニーズ最新情報
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。